雨雲連れのおぼえ書き

忘れっぽい人の記録帳

6月の読みもの

6月中に読み散らかしたテキストの備忘録です(覚えている分だけ)。

Dカラーバケーション(加藤実秋、集英社

インディゴの夜」シリーズ。さくさく読めて良い。高原さんは私とほぼ同い年なはずのですが、どうしても年上の落ち着いた大人に読めてしまう(蘭姉ちゃんがずっとお姉さんに思えるのと同じ現象かしら)。

鳥肉以上、鳥学未満(川上和人、岩波書店

鶏肉コーナーに行くのが楽しくなるし、街中で見かける鳥を観察したくなります。

世界でいちばん透きとおった物語(杉井光、新潮社)

友人に勧められて読みました。ラスト、電車の中で変な声が出てそれまでのページを全部捲りました。

しあわせの書(泡坂妻夫、新潮社)

「世界でいちばん〜」の流れから。これも変な声が出ました。そして、この仕掛けがメインでないところがものすごくおしゃれだと思う。

北風のうしろの国(ジョージマクドナルド、岩波書店

英国幻想ファンタジーですね。全編にわたって漂うきらめきとさみしさはなんなのだろう。

鬼滅の刃吾峠呼世晴集英社

本編とノベライズをちゃんぽんで読んでました。この方の繊細な絵柄、大好き。あと肘から先の曲線がたまらない。